スポンサードサーチ

DubLi解約・クーリングオフ方法9/29or30まで

日々のBA活動お疲れ様です。

 

チームの方から質問があったので対処法をお伝えしておきます。

質問内容は「現時点でDubLiを解約、もしくはクーリングオフ出来ないか?」です。

 

普通に考えると「登録が1年前なのに解約やクーリングオフなんて出来る訳ない・・・」そう思いがちなのですが、先日、なんでDubLiが契約書面を送って来たのかを考えると法律的には対処出来る方法が一つだけあります。

 

※)ただこれは確実な方法ではなく、法律的な解釈の穴とご理解下さい。

 

まず方法とその後に根拠を述べます。

 

【方法】

1.クーリングオフ通知書を内容証明郵便にて、DubLiに送る

内容証明郵便にはフォーマットが決まっています。多いのが、

26文字×20行

 

 

20文字×26行

 

です。これは確実に「内容証明郵便で送って欲しい」と郵便局に伝えて下さい。

 

文面は各自で考えると大変だと思いますので、フォーマットをご用意いたしました。

 

170920naiyousyoumei

 

こちらをダウンロードしてお使い下さい。

クーリングオフ通知書の最初に書く宛名(住所も)と、送付先は一言一句同じな必要がありますので、こちらもお付けしておきます。

DubLiaddress

 

2.内容証明郵便を近くの大きな郵便局から配送

私の場合は1550円でした。

 

大体その前後の配送料がかかると思って下さい。

 

3.なぜ今解約やクーリングオフが可能なのか?

先程述べた根拠の部分に当たります。

 

契約書面をよく読むと分かるのですが、「特商法第37条2項に基づき」とくどいくらい書いています。

 

そして、表紙にはあなたの登録年月日が書いてあります。

 

「ああ、私は1年前に登録したから、DubLiの解約やクーリングオフは出来ないんだな」と思いがちですが、実はそうではありません。

 

もう一度言いますね。

 

「(DubLiの解約やクーリングオフは)契約書面を受け取ってから20日以内なら有効」と書いているではありませんか?

 

 

ということは?

 

 

そうです。

 

 

2017年9月9日or10日前後にこの契約書面を受け取った日にちから起算して20日以内、つまり2017年9月29日or30日までは、解約もしくはクーリングオフは可能なのです!

 

参考までに、配達日時は「クロネコヤマト 問い合わせ」で検索すると、配送日をネットで追うことが出来るので、それをプリントアウトしましょう。契約書面が入っていた封書のバーコードの下の「a~~」が追跡コードです。

ちなみに送付するものは上記のクーリングオフ通知書のみでOKです。

 

もちろんこれは法律上の解釈なので、人によっては「それは違う」と言われると思います。

 

 

しかし、契約書面上で明確に「契約書面を受け取ってから20日以内」と書いてあるのは何のため?

 

簡単に言うと、DubLiはこの9月の9日~30日までをしのいでしまったら、「え?契約書面に書いてあったでしょ?クーリングオフしなかったのはあなたの判断でしょ?」と言えてしまう(=逃げることが出来てしまう)のです。

 

もちろん、DubLiが解約、もしくはクーリングオフに応じない可能性もありますし、コミッションとしての支払い後なのでアップラインが受け取っているものを返せとは言えない、また契約は1年前だと言われる可能性はありますが、あくまで可能性として出来るのであれば、チャレンジはしてみる価値があるものだと思われます。

 

楽天やビックカメラ、ジャパネット等日本企業も参入と言いながら、なかなかストアインしない現状。

今の状況では紹介もしづらいという方は、解約やクーリングオフが出来る(と考えられる)期間内に行動を起こしてはいかがでしょうか?

 

ただし、上手く解約やクーリングオフが出来たとしても、10/1に楽天が参入する可能性がなくはないので(まあ、1年待ってないので、楽天からDubLiが舐められているため、そうは簡単にはストアインしないでしょうが)、その点は自己判断でお願い致します。

スポンサードサーチ